MENU

主婦がお金借りるなら……

以前の消費者金融は、サラ金といわれていたほど、その利用者の多くはサラリーマンが主流でした。
ところが、近年の消費者金融は違います。
学生から主婦まで、幅広い利用者があるのです。

 

しかし、2006年から開始している総量規制によって、状況は変わってきました。
この規制では、個人の借入総額は年収の3分の1以内に収めなければならないとされています。つまり、年収のない、専業主婦(主夫)は、消費者金融やクレジットカードなどを通しての借入ができなくなってしまったのです。

 

しかし、お金が必要なのは、年収のあるものばかりではありません。実質、家計のやりくりを行っているのは、専業主婦(主夫)の皆さんです。彼らこそ、お金が必要になり、苦しむことが多々あるのです。そんな事情があるのに、お金を借りることができないなんて、大変なことはありません。

 

そんな専業主婦(主夫)の方でも申込が可能なローンがあります。
それが、銀行のカードローンです。
銀行のカードローンは消費者金融のキャッシングシステムと同じようなサービスで、使い道が自由で、ローンカードを使って必要なだけの融資金を引き出すことができる制度です。しかも、銀行の低金利でのローンが可能です。こちらのローンは、総量規制の管轄外となるので、法律上、専業主婦(主夫)の方に対する利用制限はありません。
総量規制は、貸金業法に付随している法律です。従って、銀行法の管轄下にある、銀行のローンは全て対象から外れているのです。