MENU

消費者金融でお金が借りられないこともあるの?

即日融資が可能で、とっても便利な消費者金融。しかし、誰でもお金を借りることができるわけではありません。
もちろん、審査に通過しなければ、お金が借りられないのです。

 

この審査においては、主に2つのことについて審査されるようです。
一つ目は、現在の収入についてです。
アコムやプロミスなどの大手の消費者金融のほとんどが、「20歳以上の安定した収入のある人」でなければ申し込みはできなくなっています。安定した収入の証明ができれば、パートでもアルバイトでもお金を借りることはできます。
この証明には、源泉徴収票や給与明細などと合わせて、在籍確認が行われます。この在籍確認の多くは、勤務先への電話によって確認を行います。その際、消費者金融側から、会社名を名乗ることはなく、担当者個人の名前での電話を行うので、借金をしようとしていることが会社や同僚にバレる心配はありません。しかし、どうしても心配だという方はプロミスなどを利用するといいかもしれません。事情を話せば代替の対応で、在籍確認をしてくれます。
ちなみに、この在籍確認は、電話での確認が一番早く、即日融資を希望するのでしたら、電話での確認が最善の方法だと考えて間違いないでしょう。
そして、もう一つは、過去から現在までの借入履歴についてです。今までに何の借金もない人で、安定した収入があれば、恐らく通過するはずです。
しかし、過去の借入履歴で、延滞や滞納を繰り返していたり、未完済の借金があったりするなどの金銭トラブルがある人は審査には通らないでしょう。こうした情報は多くの消費者金融やクレジットカードの信販会社で共有しあっているので、会社を変えても結果は同じですし、申込んだ履歴も全て記録されているので、かえって不利になりますので、ご注意ください。
また、総量規制という法律により、個人の借入総額は年収の3分の1以内と決められています。従って、現在すでに他社で多くの借金をしている場合にも、審査には通過しないと考えましょう。

 

このように誰でも簡単に借りられそうに見える消費者金融ですが、お金が借りられないことも十分あるので、申込の際には、よく検討されてから申込むことをお勧めいたします。