MENU

お金を借りるなら 銀行?それとも消費者金融?

お金を借りる方法として代表的なのが、銀行か消費者金融ではないでしょうか。その内の銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングシステムはとてもよく似ています。
みなさんは、お金借りるなら、銀行のカードローンか、消費者金融のキャッシングシステム、どちらを利用しますか?

 

まず、銀行のカードローンのメリットは、低金利で高額の利用限度額の設定が可能なことです。
ネット銀行の代表ともいえるオリックス銀行のカードローンでは最大800万円までの限度額の設定が可能です。また、さくら銀行やみずほ銀行などの大手の銀行になると、1000万円までの融資が可能になります。しかも、この高額の融資を、銀行の低金利で利用することができ、使用用途も限定されていないので自由に利用することができるのです。
しかし、デメリットもあります。それは審査です。銀行の審査は非常に厳しく、なかなか通過することが難しいのが現状です。しかも、難しい審査だけに、最低2日は掛かり、遅ければ1週間も掛かってしまうこともあるのです。これでは、お金の工面が必要になったその時に、申し込んでもすぐにお金を借りる事はできません。

 

そこで活躍するのが消費者金融のキャッシングシステムの即日融資です。アコムやプロミスにおいては、14時までに申込から審査までを完了していれば、即日振込の対応が可能です。また、契約完了後は無人契約機に行けばその場でカードの発行ができ、ATM機能についている無人契約機でしたら、すぐに融資金の引き出しができる仕組みになっています。
このような対応ができるのは、審査に時間が掛からないのが、主な理由です。業界最短時間は30分といわれ、モビットではこの最短時間での審査を行っています。インターネットで申し込むと、10秒で簡単審査結果が出るシステムも人気です。
もちろん、デメリットもあります。銀行とは違い、利率は若干高めに設定されています。もともと、長期的にお金を貸すことを想定していない消費者金融ですので、多額の借金を長期間借りることには適していません。
ですので、消費者金融を利用する際には、必要な分だけを借り、返済計画をしっかり立てて、早めに返済することを心掛けるとよいでしょう。

 

以上のように、銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングシステムには、メリットとデメリットがありますので、自分に合った選択をしましょう。